消費者行動の把握に取り組む世界最大のデジタル食品ブランド



年間のユニークビジター数が 10 億人にも上る Allrecipes は、世界最大のデジタル食品ブランドです。 Allrecipes 社の役員は、Tableau を使ってすべてのクリックを分析し、実用的な情報として活用しています。 Allrecipes 社の社長、消費者・ブランド担当バイスプレジデント、ビジネスインテリジェンス担当バイスプレジデント、ビジネスアナリストが、どのように Tableau を利用して感応度とエフェクティブネスを高めているのかをお聞きください。

Tableau: Allrecipes のミッションは何ですか。
社長、Stan Pavlovsky 氏: Allrecipes は、世界有数のデジタル食品ブランドです。 当社にはとても情熱的なコミュニティがあります。 インスピレーションを得る方法や場所は人によって違います。 だから我々はあらゆる消費者にアピールしたいと考え、家庭料理に焦点を当てたブランドを展開しています。

Tableau: このミッションとデータにはどのような関係があるのですか。
消費者・ブランド戦略担当 バイスプレジデント、Esmee Williams 氏: Allrecipes にはデータが非常に重要です。 データがあれば、消費者が何をし、何を欲しているかを推測する必要はありません。消費者の日常の行動を見ればすべてわかります。

Tableau: データを見て理解できるようになったメリットは何ですか。
Pavlovsky 氏: 新製品の開発も、新しいコンテンツの配信も、意思決定も、すべてはデータです。当社はすべてをデータドリブンに行っています。

Williams 氏: マーケティング担当者としては、サイトの変更や改善に対する消費者の反応やアクションをただちに見られることは非常に魅力的です。

ビジネスインテリジェンス担当バイスプレジデント、Grace Preyapongpisan 氏: 我々が求めているのは、サイトの内外でのユーザーの行動や、Allrecipes の機能およびサービスに対する消費者の考えや感想を把握し、全体的なストーリーをつむぎ出すことです。

Tableau を使っていなかったら、消費者に対する感応度がぐっと落ち、 結果的にはエフェクティブネス (計画に基づく目標を達成する能力) もずっと低くなっていたでしょう。 データのおかげで、最高のサービスを消費者に提供することと、当社のパートナー企業と消費者をつなげることが可能になり、結果的に、顧客数と収益の増加につながっています。

Pavlovsky 氏: 消費者行動を毎日チェックして、コンテンツや製品を閲覧者のニーズに合わせています。

Tableau: ここで Tableau が果たしている役割は何ですか。
Williams 氏: Tableau で幅広くデータをチェックしています。 大きな部分を占めるのが、Web 分析ソリューションの SiteCatalyst です。 毎年、十億人ものユーザーがサイトにアクセスします。SiteCatalyst のデータを使うと、どのデバイスを使ってアクセスしているか、どのページを見ているか、機能やツールをどう利用しているかなどを簡単に把握できます。 また、comScore や Hitwise を使って、人口統計データもチェックしています。

Preyapongpisan 氏: Tableau はもっぱら日常業務に利用しています。 Tableau はデータをすばやく視覚化できるので、臨機応変に最適化ができ、流れをすばやく修正できます。

Tableau: 従来の方法と比べて、時間は節約できますか。
アナリスト、Renny Sabina 氏: Tableau を分析に使用して、多くの時間を節約しています。 作業完了後の更新がとても速くできます。 Tableau を使用すると、データを何らかの形式にまとめた状態で見ることができるので、従業員がデータにアクセスする機会も増えます。 ある意味、全員がアナリストになれると言えます。

Tableau: Tableau がなかったらどうだったと思いますか。

Pavlovsky 氏: Tableau を使っていなかったら、消費者に対する感応度がぐっと落ち、 その結果、ビジネスの有効性もずっと低かったと思います。データのおかげで、最高のサービスを消費者に提供すること、パートナー企業と消費者とをつなげること、結果としてファンの開拓と収益につなげることができました。



こちらもご覧ください