2016 年ビジネスインテリジェンスのトレンド Top 10


概要: 

ビジネスインテリジェンスは、これからも企業にとって変化の速い領域であり続けるでしょう。 変化が早いのはテクノロジーだけではありません。ビジネスインテリジェンスの導入を推進し、データから価値を見出し、その価値を倍にするような技術も目まぐるしく変化します。 もっと深い質問に答えるためのより高度な分析とセルフサービス BI のガバナンスに対する新しいアプローチを求める声は日に日に大きくなっています。

このホワイトペーパーでは、2016 年のビジネスインテリジェンスのトレンドを紹介します。

  • 高度な分析は、もはやアナリストだけのものではない
  • クラウドデータとクラウド分析が飛躍する
  • ビジュアル分析が共通言語に

本ページではホワイトペーパーの一部をお読みいただけます。 全ページをお読みいただくには、右にあるボタンで PDF をダウンロードしてください。


2015 年はビジネスインテリジェンスの世界が大きく変化した年でした。 多くの企業が、データへのアクセスを従業員に解放し、 多くの人が業務を行う上でデータを使用することの重要性に気が付きました。 ビジネスインテリジェンスの基準は大きく変化しています。これにともない、業務文化そのものが変化する企業も出てきています。 この大きな変化は、テクノロジーの変化のスピードだけでなく、データから価値を見出す新手法にも起因しています。

毎年、Tableau では、BI 業界で起きている出来事についてディスカッションを行い、 翌年に予測される BI トレンドをリストにまとめています。 それでは、2016 年に予測されるトレンドをお読みください。

1. ガバナンスとセルフサービス分析が切っても切れない関係になります

相いれないものだと考えられてきたガバナンスとセルフサービス分析が、 切り離して考えることができないものになったことに驚いている人も多いのではないでしょうか。 ビジネス部門と IT 部門が対立する時代は昔になり、両部門の距離は縮まりつつあります。 これは、データカバナンスを正しく行うことで分析を行う社風が培われ、結果としてビジネスのニーズに応えられるようになることを、企業が学んだからです。 クリーンで高速なデータソースにまとめてアクセスでき、セキュリティとパフォーマンスが (IT 部門によって) しっかりと管理されている環境であれば、データ分析はもっと行われるようになります。

2. ビジュアル分析が共通言語に

データによって会話そのものが変わります。役員会やメディア、ソーシャルメディアでも、その変化が現れます。 質問をもっと掘り下げ、インサイトを見出し、データのエキスパートと素人の両方がストーリーを共有できるように、データの視覚化が行われています。 データの利用は広がります。業務での質問と個人的な質問の両方でデータを使う人がこれからもっと増えることになります。 企業の採用試験では、データで物事を判断できる人が求められるようになります。 インサイトが速く得られ、有意義な共同作業を行えるビジュアル分析は、データでつながったコミュニティの形成も促し、共通言語として扱われるようになります。

3. データ製品がもっと自由になります

セルフサービス分析ツールの登場により、世間の期待は大きく変化しました。 2016 年は、子どもの頃からデジタル環境で育ったミレニアル世代の労働人口がさらに増えることもあり、データを継続して使用できる環境の強化が求められます。 必要なデータを臨機応変に形にできなければ、ビジネスユーザーが分析ツールを繰り返し使い続けることはできません。 セルフサービス分析の延長として、セルフサービスのデータ準備ツールや、さらにはセルフサービスデータウェアハウスの需要が高まるのはこのためです。 データ製品が自由になることで、変化する優先順位に迅速に対応できるようになります。

さらに詳しく読みたい方は、 レポート全文をダウンロード

続きを読む...



こちらもご覧ください