5 Steps to Self-Service Analytics that Scales

Get the Whitepaper

Free Whitepaper

Learn the five steps to ensure safe, secure, and governed results.

The data revolution is here. And self-service analytics is a given.

When the business wants access to raw data, it can be disruptive. Self-service business intelligence challenges the traditional BI methodology and forces IT to take a new approach to analytics.

The modern approach is simple. It’s about IT and the business partnering to deliver self-service data access at scale. It allows secure and governed data to flow into the organization through IT. And it empowers the end user with the software to explore their data.

At its core, Tableau was built to help people easily connect to, visualize, and analyze their data to find insights faster. They can then securely share and collaborate across their organization. This approach provides significant value and is quickly making self-service BI the new normal.

Ready to take the modern approach?

Here are five steps to ensure safe, secure, and governed results.

Download the Whitepaper Now

私たちはセルフサービス型モデルを必要としていました。IT 担当者は、レポートライターになりたいと望んでいるわけではなく、また、そうなるべきでもありません。IT の観点から、Tableau なら本来の使い手、つまりデータを使用し、データを知るユーザーの手に委ねることができます。

Tableau について

Tableau Software のミッションは、お客様がデータを見て理解できるように支援することです。Tableau を利用すれば、簡単に情報を分析してビジュアル化し、共有することができます。すでに世界で 46,000 社を超えるお客様が Tableau を導入し、オフィスや外出先で簡単にデータ分析を行っています。また、無料のデータビジュアル化ツールである Tableau Public を利用して、数万人のお客様がデータをインタラクティブな Viz (ビジュアライゼーション) としてブログや Web サイトで共有しています。


Fast Company
Wallstreet Journal