8 歳の Judah Bausili 君は最近、いつも Pokémon Go で遊んでいます。Judah 君と父親の Ben さんは、これまで 46 匹のポケモンを捕まえました。

「ドードーとフシギダネを捕まえて、もう 1 匹は... なんだっけ」と言うのは Judah 君です。

Judah 君はポケモンを捕まえることにいつも夢中ですが、捕まえたポケモンの種類について常に気にしていたわけではありません。たまたま Tableau ゴールドパートナーの InterWorks 社に勤めている、データ志向の父親 Ben さんは、それをチャンスだと考えました。

Ben さんは、ポケモンの一部のキャラクターの能力情報を Wikipedia で手に入れました。そして、Judah 君に Tableau の使い方を簡単に説明しました。

「ディメンションとメジャーを説明しました。そしてグラフの作り方を見せ、やってみるように言いました」と Ben さんは語ります。

5 分後、Ben さんはカメラのスイッチを入れました。

Judah 君は能力情報を分析した後、すべてのキャラクターが同じ能力で作られているわけではないことに気づき、新しいお気に入りのキャラクターを見つけたと言いました。「ミュウツーが好き、だってすごく強くて素早いし、防御もほんとにすごいから」

好奇心のままに

この Viz 作成が Judah 君が初めての Tableau 経験でしたが、データを見て理解するという意味では初めてのレッスンというわけではありません。

そもそもの始まりは、Judah 君がわずか 6 歳のときでした。Ben さんが自分のベッドに座ってデータを分析していたとき、Judah 君が部屋に入ってきました。

「そしてベッドに跳び乗り、『見てていい? パパ、数字がたくさんあるよ!』と、とてもうれしそうに言いました」と Ben さんは語ります。「実は、あれが Judah にまつわる話で私が気に入っているものの 1 つなんです」

それ以来、Judah 君は父親が仕事をする様子を頻繁に見るようになり、ときには画面に表示されているものについて質問することもありました。そして、Ben さんはそのような場面を利用して、ささやかなレッスンを行いました。

「Judah が好奇心を見せたときは、それを大切にするようにしています」と、Ben さんは述べます。「私がしていることを少し味わえるようにしています。なぜそれをしているのか、なぜそれが重要なのかを説明するのです。そこから Judah が学ぶことに意味があるのです」

Ben さんによれば、Judah 君は幼い頃からコンピューターが身近にあったため、Tableau の使い方を教えるのに時間はまったくかかりませんでした。

「日常の生活で機会を見つけて、Judah をテクノロジーに触れさせるようにしています。そのおかげで Tableau を簡単に教えられました。Tableau はとても直感的ですから」と、Ben さんは述べています。

自分で使うデータの魅力

Judah 君はどうかと言うと、見ることと実際に行うことは別物だと学びました。初めて Tableau に触れたときから、Judah 君はその魅力に心を奪われています。

「使うのがとても楽しかったから、ものすごく好きになっちゃった」と、Judah 君は言っています。

Judah 君は次に、マーベルコミックのデータを分析したいと思っており、そのときは弟の Leo 君にも手伝ってもらおうかと考えているそうです。

「今度は Leo が自分のダッシュボードを作りたがっているんだよ」と、Judah 君は弟について話します。

以前は父親の仕事を見ているだけで十分だったものが、今では満足できなくなった様子です。

「先日、クライアントのためにダッシュボードを作っていました。すると Judah が、私の代わりにやってもいいかと尋ねてきました」と、Ben さん氏は話します。

それでも、データ分析の何が好きかを Judah 君に尋ねれば、答えはきっと今までと変わっていないでしょう。「パパと一緒にいられることだよ」

データキッズと保護者の方は、Tableau のデータキッズコミュニティグループにぜひご参加ください。参加をご希望の際は、こちらからサインアップしてください。

新規コメントの追加